地域交流ワークショップ

関西大学では兵庫県丹波市を舞台に「関わり続けるという定住のカタチ」「21世紀の故郷づくり」をテーマに農山村集落の地域再生に取り組んでいます。その一環で、年8〜9回、丹波市を訪れ、地域との交流を通じて、地域の課題や資源、魅力を体感的に発見することを目的にフィールド型講座を行っています。

地域交流WS2015